HWD14の口コミ・レビューと注意点!

HWD14の5つの警戒点

Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD14は

 

○WiMAX
○WiMAX2+
○au 4G LTE

 

という3つの回線が使える
非常に魅力的な端末です。

 

期待のWiMAX2+(ワイマックスツープラス)
サービスの第一号モバイルルーターですよね。

 

ドキドキワクワクしながら
首をろくろっくびの様に長くしながら
HWD14の発売を待っている方も多いと思います。

 

HWD14は確かに優れた
端末でメリットが多いです。

 

しかし警戒すべき注意点も
確実に存在すると思います。

 

もしそんなHWD14の注意点・デメリットを
知らずにWiMAX2+を契約してしまったら・・・

 

強力な後悔に襲われ、心をボキボキに
折られてしまう事もあるかもしれません。

 

そんな事にならないように当サイトで
HWD14の警戒点・デメリットを
チェックしていってください。

 

私が思うHWD14の注意点は
以下の5つです。

 

○WiMAXハイパワー
○クレードル(充電台)
○オプションが使えない!?
○料金割引きのトリック
○その他の注意

 

それでは一つずつ解説
させていただきます。

 

 

WiMAXハイパワー

 

Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD14に
WiMAXハイパワー機能があるのかどうか
気になる方も多いと思います。

 

私もこの点はかなり気になったので
UQ WiMAXのサポートセンターに
電話して聞いてみました。

 

すると、残念ながら

 

『WiMAXハイパワーの機能はありません』

 

という回答が返って来ました。

 

HWD13にもWiMAXハイパワーは
ありませんでした。

 

なので予想はしていましたが
やっぱりHWD14にもないみたいです。

 

HWD14はau 4G LTE接続が
可能なのでWiMAXハイパワーの
機能は削られたそうです。

 

ですが、HWD14でau 4G LTE接続すると
オプション扱いで約1000円月額料金が
高くなります。

 

HWD13の時とはわけが違います。

 

しかし、残念ながらHWD14にも
WiMAXハイパワーはありません。

 

気になる方はUQ WiMAXの
公式サイトからサポートに
お問い合わせてみて下さい。

 

 

クレードル(充電台)とLAN接続

 

Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD14には
クレードルやドックと同じ位置づけで
ワイヤレス充電台が存在します。

 

この充電台は別売りオプションとなります。

 

WiMAX Flat プラスのDATA08Wには
クレードルがあり、無線LANの
アクセスポイントや有線LANケーブル
接続が可能でした。

 

しかしHWD14の充電台では
有線LANケーブル接続は不可能だそうです。

 

これも一応サポートセンターに
聞いたので間違いありません。

 

LANケーブルでの接続はできませんが
USB接続はできるそうです。

 

HWD14とPCなどをUSB接続で
充電しながら有線接続が可能です。

 

USB接続でも無線LANに比べれば
接続は安定すると思います。

 

可能性は低いですが今後
HWD14にも充電台以外に
クレードルの発売があるかもしれません。

 

最新情報は公式サイトを
お確かめ下さい♪

 

 

オプションが使えない!

 

WiMAXでは代表的なオプションとして

 

○ファミ得パック
○UQ WiFi(公衆無線LAN)
○機器追加オプション
○グローバルIPアドレスオプション

 

があります。

 

しかしWiMAX2+ではこれらの
オプションは全て申し込む事が
不可能です。

 

ですので、HWD14でもこれらの
オプションに申し込む事ができません。

 

特に注意しないといけないのが
UQ WiFi(公衆無線LAN)です。

 

WiMAX Flat プラスの
HWD13やDATA08Wの場合も
UQ WiFiは使えませんでした。

 

またHWD13やDATA08Wの場合
公衆無線LAN自体の機能がないため
BBモバイルポイントやWi2 300などの
ほかのサービスを使う事もできませんでした。

 

それでもau3Gが使えたので
問題はなかったと思います。

 

HWD14の場合もau 4G LTEが
使えますが、別料金が掛かります。

 

HWD14はUQ WiFiが使えないわけですが
BBモバイルポイントなど他の
公衆無線LANについては不明です。

 

サポートに聞いてみましたが
現段階ではわからないとの事です。

 

ですが、恐らくWiMAX Flat プラスと
同じように使えないと思います。

 

WiMAXの特徴として
地下や建物内では電波が弱いということは
よく言われています。

 

それでもUQ WiFiなどの公衆無線LANが
使えればかなり電波をカバーできました。

 

ですが、HWD14の場合それらが
使えないとなるとちょっとやっかいです。

 

au 4G LTEは別料金がかかるので
あまり使いたくないところですが・・・

 

この点は注意しないとですね。

 

しかし、HWD14では
au Wi-Fi SPOTが利用可能です。

 

au Wi-Fi SPOTは
auの公式サイトによると
auのステッカー以外にも

 

・Wi-Fiスクエア Wi2 300
・UQ WiFi

 

のステッカーの有る場所なら
使う事ができる公衆無線LANのようです。

 

これはかなり強力ですね!

 

これなら公衆無線LANについての
心配はいらないかもしれません。

 

au Wi-Fi SPOTの料金は
無料です。

 

詳しい内容やエリアは
公式サイトで見てみて下さいね♪

 

可能性は低いと思いますが
今後WiMAX2+でもWiMAXのオプションが
使えるようになるかもしれません。

 

最新情報はUQ WiMAXの
公式サイトをご覧下さいね♪

 

 

料金割引きのトリック

 

WiMAX2+の月額料金は3880円という事に
なっています。

 

UQ WiMAXでWiMAXを契約した場合と
同じ金額です。

 

ですが、これは最大25ヶ月間の
割引きが効くからです。

 

割引きが切れた後の料金は

 

『4405円』

 

となります。

 

また、au 4G LTEを使った月は
月額料金に1055円がプラスされます。

 

au 4G LTEを使わなければ
大丈夫ですが、うっかり使ってしまった場合は
金額が高くなるので注意しましょう。

 

WiMAX2+、HWD14の料金内容は
変更する場合があります。

 

最新情報は公式サイトでご覧下さいね♪

 

 

その他の注意

 

HWD14に関するその他の注意点を
以下の記事にまとめました。

 

良かったらご覧になってみて下さい。

 

HWD14、HWD13、DATA08Wの恐るべき違い!

 

複雑怪奇!!地獄の速度制限!

 

解約の違約金の勘違い!?

 

まとめ

 

HWD14はWiMAX2+の
新型モバイルルーターという事で
かなり注目されています。

 

タッチ操作やバッテリーの持ち時間も
9時間30分(WiMAX接続)と
なかなか優秀です。

 

しかし、WiMAX2+自体の
サービスを見るとどうでしょうか?

 

エリアもまだまだ狭いです。

 

また、au 4G LTEが使えると
言っても別料金が掛かります。

 

なので、WiMAX Flat プラスの
HWD13やDATA08Wからの
のりかえは様子を見たほうが
良いかも知れません。

 

au回線をエリアの補助的な役割で
月に1回以上使う方の場合は
WiMAX Flat プラスプランを
選んだほうが良いのではないでしょうか?

 

今まで、UQ WiMAXで
通常のWiMAXプランを契約されていた方は
料金も変わらないのでWiMAX2+を
契約しても良いと思います。

 

ですが、

 

・2年の契約期間がある
・料金が安いのは2年のみ

 

という所に注意ですね。

 

HWD14自体は使いやすそうですが
WiMAX2+のサービスは
まだまだこれからという
感じかもしれませんね。

 

ちなみにau 3Gが使える
WiMAX Flat プラスプランですが
UQ WiMAXでは
新規受付を終了しています。

 

完全にWiMAX2+へ移行
させる狙いがあるようです。

 

Flat プラスを申し込みたい方は
締め切り前に、BIGLOBEで
お申込み下さい。

 

BIGLOBE WiMAXではDATA08Wなら
Flat プラスの申込みが可能です。

 

Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD14の
スペック情報や詳細、最新情報は
公式サイトでお確かめくださいね♪